【ジャカルタ風俗】コタインダー全店紹介!

【ジャカルタ&クアラルンプール旅行記】2019GW 改元またぎのアジア周遊 ~Hello Reiwa Japan!!~《Epi.14》

クアラルンプールでのトランジットを利用して、マレーシアの風俗を楽しんだKOO(@KOO_ASIA_FUZOKU)。

【ジャカルタ&クアラルンプール旅行記】2019GW 改元またぎのアジア周遊 ~Time trial in KL~《Epi.13》

クアラルンプール国際空港へ帰還

ふぅー。空港に戻ってきたー!

KOO

令和元年5月1日 20:00(GMT+8 KL)

フライトは22:50だから…ラウンジでもゆっくりできそうだし。よかったー!

KOO

クアラルンプールでは、およそ6時間のトランジットがあればSPAで遊んで戻ってこれることがわかりました。

マレーシア航空は、よくビジネスクラスのセールを打ち出したりしているので、ちょっと優雅に「クアラルンプール経由バンコク行き」などを狙ってみるのもいいかもしれません。

JGC修行には欠かせない!?海外発券って??

ちなみに…今回なぜKOOはクアラルンプールを経由しているかというと…

「海外発券」をしたから!

KOO

参考 海外地区 JALホームページのご利用についてJAL国際線

海外発券のお値段は??

JGC修行のブログなどを見ているとたびたび登場するワードなので、ご存知の方も多いかと思いますが…

「成田-クアラルンプール」をプレエコで往復する場合の最安値(Premium Economy Special Saver / Premium Economy Standard)は…

  • 国内発券: プレエコ→134,080円(税金・燃油特別付加運賃込 ※2019年8月)
  • 海外発券: プレエコ→3,201.00MYR / 約80,590円(税金・燃油特別付加運賃込 ※2019年8月)
なんと50,000円も「海外発券」がお得!

KOO

マイルやFOPの加算率は国内発券と同様かつ、変更/取消/有効期限は海外発券のほうが好条件だったりします。

ただし…海外発券というだけあって…

まずは「海外→日本(など往復する国)」へ行かなければいけない!

KOO

こんな経緯でマレーシア発券のチケットを使うべく、ジャカルタから移動してきたKOOだったのでした。

三角錐の建築物といえば…

ちなみに「クアラルンプール国際空港(KLIA)」ですが、日本の著名な建築家が設計を手掛けています。

この「三角錐」

知らずに訪れて「ピン」ときている方もいらっしゃるかも知れません。

そう…「三角錐」の魔術師

……

………

日本建築界の巨匠現る!

黒川紀章先生!

KOO

KOOは結構建築も好きなので「三角錐」の写真を撮って楽しみましたw

成田に向けてチェックイン

旅路のほうはというと…オープンしたてのチェックインカウンターで早々にチェックイン。

成田便の搭乗口はサテライトビルだったので「エアロトレイン」なる空港内トレインで移動。

令和元年5月1日 20:30(GMT+8 KL)

チェックインからサテライトビルへの移動もとてもスムーズに進み、ボーディングタイムの22:20までは十分すぎるほどに時間ができたので。

「CATHAY PACIFIC First and Business Class Lounge」へ!

KOO

JGC修行のためにプレエコのチケットを取っていたので、このラウンジが利用可能でした。

タイガービールとちょっと酸味の効いたヌードルなどを堪能。

ちなみにこのラウンジはスマホを充電したいときに「変換プラグ」が必要になるのでご注意ください。

まんまとスーツケースに「変換プラグ」をブチ込んでしまったKOOはラウンジスタッフのお姉さんにお願いしてお借りしました…

令和元年5月1日 22:00(GMT+8 KL)

「クアラルンプール国際空港(KLIA)」は搭乗口の前で手荷物検査を行うスタイル…

せっかく機内に持ち込もうと水を買ったのに…

容赦なく「没収」w

KOO

機内では軽食にうどんですかいをいただき。

機内では、こんな会話も聞こえてきたり…

到着前の朝ごはんは「オムレツと焼きそば」…?

約7時間のフライトを楽しんで成田空港へ到着。

令和元年5月2日 06:45(GMT+9 TOKYO)

GW前半戦の旅を終えて「令和」という新しい時代へ歩みだした日本へ帰ってきたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です