【ジャカルタ風俗】コタインダー全店紹介!

【台湾風俗】台湾美女は林森北路にアリ!?知られざる日本人街の高級KTVに潜入!

今回は…満を持して台湾風俗の話題を!

ということでKOO(@KOO_ASIA_FUZOKU)が訪れたのは「林森北路」

数多の居酒屋やクラブが軒を連ねており、台北を代表する歓楽街となっています。

林森北路ってどんなとこ!?

そして訪れたことのある方は、なんとなくイメージができると思いますが、とにかく日本人が多い…

ポン引きも初めは楽しもうかと思ってましたが、日本語にちょっとでも反応しちゃうとしつこい。

途中からは完全に無視して”無”になりました…あれは営業スタイル変えるべきだと思う。

せっかく海外にいるのに…そんなに日本語聞きたくないですよね…

KOO

興味ある人はちゃんと話聞くし、いろんなポン引きと交流するのだって楽しみなんだから…

なんで林森北路に日本人が多いのか…

なぜこのエリアそんなに日本人が多いのかというと…

この「林森北路」は、日本による台湾統治時代に「大正町」と呼ばれる日本人街だったのです。

※上記地図の東側が「大正町」

京都をモデルにつくられた「大正町」は、一條通から九條通までの條通で構成されており、総督府の行政官吏住む宿舎や大正町教会(現在の中山基督長老教会)が存在するなど、高級住宅街として隆盛を誇っていたようです。

今回訪れたKTVは!?

そんな町づくりの名残り感じる「林森北路」

今回のKOOが訪れたのは王道中の王道ですが「G線クラブ」!!

G線クラブの料金

  • 2,500TWD(約8,800円)で台湾ビールのCLASSIC350ml缶が2本とウイスキーは飲み放題

※グアバやスイカの入ったフルーツ盛り合わせも出てきます

ぼくは飲み放題のウイスキーを飲むと確実に頭痛が発症するので、台湾ビールを追加で…1缶250TWD(約880円)。

KOO

  • お持ち帰りはショート7,000TWD(約24,500円)、ロング9,000WTD(約31,500円)
1人だと割高ですが…お会計は案外明朗なので安心して遊べるかと思います!

KOO

G線クラブの客層

  • 女の子に聞くところ日本人7割、ローカル2割、韓国人1割とのこと。
フィリピンでは韓国人と遊ぶとこカニバってたけど…台北ではどこで遊んでいるんでしょうかね…気になる。

KOO

G線クラブの場所

G線クラブの女の子たち

ちなみにKOOは、3泊4日の台湾滞在中に「G線クラブ」に2夜訪れまして…w

1日目は台北の広告会社で働くという…トレンドに敏感そうなOLのANちゃんをお持ち帰り。

G線ママ

アンタここまでに4回もチェンジしたけどなw
一見清楚な感じのANちゃんでしたが、翌日右手の指がちょっと変になるくらいw手マ○大好きな変態OLでしたw

KOO

2日目は台北では珍しいグラマー女子のQちゃん。

台北はホントに細い女の子多いです。ペッタンコ靴にホットパンツ多し。

KOO

彼女は日本に留学したことがあったので会話も盛り上がり、「林森北路」の海鮮居酒屋にも一緒に連れて行ってもらいました。

ちなみにショートはホテルに行ってから2時間ということで、その前に飲みに行っても良いようです。ここのちょい飲みは楽しいのでオススメです。

Qちゃんとはこの居酒屋で飲みすぎて…ぼくはエッチしたあと記憶もなく眠りに落ちたようです…無理に起こされることもなく静かに帰宅してましたw

KOO

KOO好みのギャルっぽい子も見かけたので、(お持ち帰りされるとこでしたが…)きっともっとかわいい子もいるんだと思います…

ママが連れてくる子から選ぶスタイルなので…ちょっと難しい部分もあったなー…というのが率直な感想。

G線ママ

ワシの選球眼に期待してや!

あとは…街自体が日本人慣れしすぎていて、海外遊びに慣れてる方には圧倒的に物足りないかも…

ただ…安心して海外で遊びたい方にはオススメです!!!

KOO

……

………

デビュー戦など!?安心して「アジアの夜遊び」を楽しみたい方にはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です