【ジャカルタ風俗】コタインダー全店紹介!

【シーシャ】アジアでチルアウトしてみませんか? ~SHISHA LOVERが贈る!アジアのオススメシーシャ5店舗を紹介~

最近シーシャにどっぷりハマっているKOO(@KOO_ASIA_FUZOKU)です。

最近はどうやらシーシャブームの兆しなのか…シーシャ屋さんの客層は結構若い子はたちで溢れています。

今回はそんなシーシャについて紹介したいと思います。

シーシャってナンだ!?

ちなみにシーシャとは水パイプという喫煙具を使用する喫煙方法で、中近東で発明されたと言われている嗜好品。

自分好みのフレーバーをみつけて「ブッハー」とやるのがなんとも心地よい。

シーシャ屋さんってドコにあるの?

KOOはというと、歌舞伎町をはじめ、高円寺、赤坂、広尾、恵比寿、明大前などなど、都内に美味しそうなシーシャがあれば足繁く通う日々。

地方出張があれば、名古屋のイラン人、高崎のトルコ人、とある地方のベリーダンサーなどなど、色々なバックボーンの方がつくりだすその土地土地のシーシャを楽しんだりもしています。

アジアの夜遊びへ旅立つ際もシーシャチェックはもちろんマスト!!

何を目指しているんだろう………w

KOO

アジアのシーシャ

ここからは…KOOが通ったアジアのシーシャ屋さんを紹介していきます。

Shisha Bul Bul(ジャカルタ)

Shisha Bul Bulの場所

まず名前がなんともいい感じの「Shisha Bul Bul」。

セントラルジャカルタの「Gajah Mada Food Street」というフードコート内にあり、2019年GWのジャカルタ&クアラルンプール旅行で出会ったお店。

ちなみに…ジャカルタ&クアラルンプールの旅行記は苦節2ヶ月をかけて書き上げましたので一旦旧ブログからどうぞ 

参考 ジャカルタ&【クアラルンプール旅行記】ASIA NO FUZOKU(旧ブログ)

早い!安い!旨い!の三拍子に加えて、店員のお兄ちゃんたちが見た目とはウラハラにとっても親切。

そして…半屋外空間なので開放感も抜群。

この雰囲気にハマりすぎてビンタンビール片手にシーシャを嗜みTweetしていたら、そのTweetを見た20代の若手トラベラーさんが声をかけてくれて、ジャカルタの地で夜遊び話に花が咲きましたw

ちなみにシーシャのお値段は…55,000IDR(約425円)という破格。

Pasha & Argos Minibar(マニラ)

「Kojax」や「Plan B」というゴーゴーバーが有名なマカティのP Burgos通り(ブルゴス通り)にあるトルコ料理店。

「Pasha」と「Argos Minibar」はおそらく系列店でどちらでもアラブ系のスタッフがつくる美味しいシーシャが楽しめます。

Pashaの場所

Argos Minibarの場所

個人的には路面店でオープンになっていて、P Burgos通り(ブルゴス通り)を見ながらシーシャをプカプカできる「Argos Minibar」がお気に入り。

マカティのオキニのMちゃんと訪れた際にフィリピンのタレントさんと遭遇した場所でもあります。

The Roof Cafe(クアラルンプール)

「Shisha Bul Bul」と同じく 2019年GWのジャカルタ&クアラルンプール旅行でクアラルンプール滞在時に訪れた「The Roof Cafe」。

The Roof Cafeの場所

Google マップを駆使してお店に向かうと、現地のアラブ系、イスラム系らしき若者たちが集っていてなかなか賑やかな雰囲気。

ルーフトップテラス的なつくりのお店になっているので、ここも解放感抜群。気持ちよくシーシャの煙を楽しめます。

なかなかマッチョな感じのお兄さんたちが、優しくこまめに炭替えをしてくれましたw

Warda Shisha Lounge(ホーチミン)

最後は…ぼくがシーシャにはじめて出会った思い出のお店。

世界を旅する大先輩の巨匠にシーシャなるものを教えられ、ホーチミンで連れて行ってもらったのがこの「Warda Shisha Lounge」。

怪しげな路地を抜けていく何とも言えぬアングラ感。

シーシャでチルアウトする気持ちよさをここで初めて体験したKOO。

Warda Shisha Loungeの場所

シーシャにどっぷりハマる原点となったのがこのお店でした。

日本でチルアウトしている方も、はたまた未経験の方も、アジアの空気に揺られて嗜むシーシャはまた格別なので、是非チャレンジしてみてください。

さて。今週末に旅するあの街のシーシャを…チェックしてみようかな。

KOO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です